ちょっと贅沢して蟹を買おう!そんな時には重要なのは選び方

No Comments

ちょっと贅沢して蟹を買おう!そんな時には重要なのは選び方です。
一口にタラバガニといえどもいろいろな種類がいるので、選択方法は様々です。

例えば、ズワイ蟹を買う場合を考えてみましょう。
この時には、腹側に重要な手掛かりがあります。この時大事なのは腹側が白いズワイガニ(日本海、オホーツク海、ベーリング海などの深海に生息しています)を避けることで、アメ色をしているものを選ぶのがいいでしょう。
さらに、甲羅の硬さによっても判断でき、硬い物の方がより良いです。
昨今のかに人気で、通販のかにを食べたことがある人も多いと思いますが、指すがに警察がからんでくるほどではありませんが、ちょっとした不満を寄せることも珍しくありませんでした。多少のちがいは許容範囲のうちですが、あまり質が落ちると業者への不満も大聞くなります。業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを避けて、安心してかにを楽しむには、口コミ(口コミで宣伝してもらうために、あえて奇抜な戦略を立てる口コミサイトや企業も少なくありません)やレビューの意見を見てみるのもいいと思いますが、おみせのホームページ以外も見るなど出来るだけ情報収拾した上で、これと思ったおみせをピックアップします。今回こそ、最高のかにが味わえるはずです。

SNSに登録している人なら、そちらの方から攻めてみるのも手です。参考になる意見があるという保証はありませんが、思いがけない発見がある場合もあるでしょう。
タラバガニを買うならブランド蟹がお勧めです。
さまざまな品種がありますが、よく名前が知られているのはズワイガニ(日本海、オホーツク海、ベーリング海などの深海に生息しています)ですね。旨味や甘みの詰まったその味わいは多くの食通が絶賛します。ズワイガニ(日本海、オホーツク海、ベーリング海などの深海に生息しています)を一度味わってしまえば、その他の蟹は今後、選択肢に上らなくなることでしょう。ズワイガニ(日本海、オホーツク海、ベーリング海などの深海に生息しています)は、どこの漁場で水揚げされたかによって呼び方が変わってきますが、脚に付いているタグによってそれを確認する事が出来ます。

タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証されたタラバガニと言う事になります。

ブランドタラバガニを注文して届いたら、まず最初にタグの有無をチェックするという習慣をつけましょう。

最近何人もの人が、かに通信販売を利用してかにを買うのが主流と自然に思っています。
少し前には考えられなかったことですが、インターネットでどこの情報でも手に入れられますし、宅配業者の冷蔵冷凍技術も確かなので、自分が選んだ産地から、好きな種類のかにを宅配便で手に入れられるようになったためです。

通信販売でも冷凍だけでなく、生のかにをおいしい状態で買えるようになったので、家族からかにのリクエストがあっ立ときは近所のスーパーには行きません。まず最初にかに通販、が当たり前になっています。

自宅にいながらにして採れたてな蟹を取り寄せられる蟹通販は、便利でお得なものです。

しかし、それを利用する上では、気をつけなければ失敗する点もあるのでおぼえておきましょう。

中でもタラバ蟹は注意が必要です。タラバ蟹の購入時には、何より大事な新鮮さ、そして蟹のサイズなどを忘れず確認しましょう。

通信販売ホームページでは、写真でしか商品を見ることができないので、商品説明の文章にも必ず目をとおしておきましょう。加えて、購入者から寄せられたレビューの評価も案外、おみせの信頼性を測る上で役にたつものです。日本でかにが多く水揚げされるところとしては、北海道もあり、北陸地方もあります。

かにと温泉が楽しめるのも北陸の良さで、石川県にある粟津温泉はお奨めで良質の温泉とおいしいかにを求めてかにのシーズンには、全国から多くの客がこの地を訪ねてきます。

粟津で食べられるのは加能がにというズワイガニ(日本海、オホーツク海、ベーリング海などの深海に生息しています)で、甘みのある味が特質です。

かにと温泉のベストマッチを求める方には満足して帰れることは確かです。
松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。
全てメスのかになので、小さいカニ(高級品のイメージがありますが、最近はネット通販などで比較的お手頃価格で買えることもあります)がほとんどですがこの時期にしかない卵がぎっしり入っていて身も濃厚な味とされていて、松葉ガニよりも、通好みでファンが一部で知られています。

このかには、11月から1月までしか水揚げされないので、幻のかにといわれるワケです。多くの方に好評のかにの食べ方として、まず最初に「焼きがに」がさいこ~です。殻付きのかにが手に入ったら、ぜひお試し下さい。

冷凍のかになら、解凍時に注意して下さい。
水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、自然解凍できれば最高です。

ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。

半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、仕上がりはみずみずしく、うま味も残っています。

水分が残っているからおいしいので、焼きすぎは禁物です。

上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の具などで実にいい味を出すので、かにの中でも、世界にその名を知られています。上海を中心とした中国近辺のかなり広く分布しています。高級食材といわれますが、何でも食べるかにで、外来種としてもち込まれると在来種の生態系が狂ってしまいます。放置すると拡散の可能性が大きいので、生体の輸入だけでなく、取引全体を厳重に制限している国もあるのです。

かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。

おいしく茹でるには白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。
海水より濃くないくらいで、ちょっと塩気を感じるという程度のゆで汁でまあまあです。もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、鍋に入る大きさに分けて鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。
お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくと衛生的ですね。訳ありボイルタラバガニのボリューム満載3kgの売れ筋通販

Categories: ワケアリ蟹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です